So-net無料ブログ作成

改革果たせず「恨無限」…半平太、獄中の漢詩 [歴史]

坂本龍馬の盟友で、土佐勤王党を率いた武市半平太(瑞山、1829〜65)が、切腹までの獄中で書いたとみられる漢詩の書が見つかり、高知市立龍馬の生まれたまち記念館が14日、発表した。  改革が果たせず、「恨(うらみ)無限(かぎりなし)」などとある。武市の研究家で鑑定した松岡司(まもる)・前高知県佐川町立青山(せいざん)文庫館長は「勤王党を弾圧した前土佐藩主・山内容堂への恨みと無念さがにじみ出ている」とする。漢詩の書が見つかったのは初めてという。  漢詩は縦120センチ、横28センチの紙に書かれ、掛け軸に表装。由来書によると、武市が信頼した牢(ろう)番・門谷(かどや)貫助(1843〜94)の頼みで書かれた。門谷の知人の手に渡り、その子孫が他の資料とともに記念館に預けた




nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 7

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。